« 表展作品のメイキング⑮(覚ver.)<付廻ししますよ、その4> | トップページ | 表展作品のメイキング⑯(覚ver.)<付廻ししますよ、その5> »

2010年11月 8日 (月)

表具の道具

今日は表具の道具を紹介したいと思います 下の写真の道具は「こわなぜ」といいます。この刷毛は主に裏打ち時に作品を伸ばしたり裏打ち紙を作品に撫でつける時に使用します。刷毛の毛は椰子科の棕櫚(シュロ)やクロツグでできており、適度な硬さがあり裏打ちに適していますまた硬さも色々なものがあります。

12 1、左が柔らかいタイプ・右が硬いタイプになります。この写真では分かりにくいですが厚みがかなり違います

15 2、右側の硬いタイプです。主に裏打ち紙をしっかりと撫でつける時に使います。

14 3、左側の柔らかいタイプです。主に作品を伸ばす時に使います。

写真1ではあまり分かりませんが写真2.3を比べると厚みの差が分かります 上の写真の刷毛で硬いタイプの刷毛は柔らかいタイプの刷毛の約5倍の厚みがあります。「こわなぜ」の毛はとても丈夫で長持ちです。いつもお世話になっている道具の紹介でした

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 表展作品のメイキング⑮(覚ver.)<付廻ししますよ、その4> | トップページ | 表展作品のメイキング⑯(覚ver.)<付廻ししますよ、その5> »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表具の道具:

« 表展作品のメイキング⑮(覚ver.)<付廻ししますよ、その4> | トップページ | 表展作品のメイキング⑯(覚ver.)<付廻ししますよ、その5> »