« 糊刷毛(のりばけ)<その3> | トップページ | スピーチ »

2011年2月 8日 (火)

食べ物の価値

こんにちは

スタッフの木場です。

外食って、お財布は泣いてますが

やっぱり楽しいですよね

私は、安い美味しさも高い美味しさも大好きです

まあ、普段は安い美味しさしかないですけど・・・・笑

安い美味しさ・・・例えばお寿司なら、回転ずしとか・・・

高い美味しさ・・・値段の書いてない高級なお寿司屋さん(1人では永遠に無理か)

それぞれ、値段相応の価値がありますよね。

理解して食べたら、どっちもOK

気分やシチュエーション、お財布の都合を変えると同時に頭のスイッチも切り替え

そうすると、ハッピー

そんな考えなんで、

中途半端なものを食べると、イライラ

そんなに高くないけど、安くない、

まずいわけでもないけど、決して美味しいとは言えない・・・

これは、イライラしてしまいます

なんでも、日経MJ(かな?)で読んだんですけど、

アラサ―達は、お買い物でも外食でも、コストパフォーマンス重視なんですって

値段と価値がつり合う&価値の割にちょっと安ければなおハッピー

納得して、買う・食べる

中途半端なものはサヨウナラ―

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com

« 糊刷毛(のりばけ)<その3> | トップページ | スピーチ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物の価値:

« 糊刷毛(のりばけ)<その3> | トップページ | スピーチ »