« 掛軸の様式のまとめ5 【『台表具』と『刳抜表具』】 | トップページ | 掛軸の様式のまとめ6 【『見切仕立』と『韃靼表具』】 »

2011年8月19日 (金)

暦の上ではすでに秋

こんばんは玉木覚です

神戸では昨日あたりから日中の気温が低くて過ごしやすくなってきました。みなさまいかがお過ごしでしょうか

今年は節電対策の一環だと思われますが、キンキンに冷房が効いた部屋に入る機会が減りました。その分、しっかりと冷房の効いた部屋に入ると冷房の寒さ(ありがたさ!?)が例年に増して身にしみます。これってクーラー病というやつなのでしょうか?今ではぬるく感じるくらいの室温が心地よくなりました。体質って変わるものですね

そういえば、暦では立秋を過ぎたのですね。立秋は8月7日あたりを指しており、暦の上ではこの日が暑さの頂点となるらしいです。現実はそんなことはない気がしますが。。。

ちなみに、海の世界は陸上と比較して季節の変化(水温の変化)が約2ヶ月遅れで進むそうです。つまり、陸上は立秋を過ぎて(一応)秋になったわけですが、海中はこれからが夏といった様子です

1  2

3  4

5

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 掛軸の様式のまとめ5 【『台表具』と『刳抜表具』】 | トップページ | 掛軸の様式のまとめ6 【『見切仕立』と『韃靼表具』】 »

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暦の上ではすでに秋:

« 掛軸の様式のまとめ5 【『台表具』と『刳抜表具』】 | トップページ | 掛軸の様式のまとめ6 【『見切仕立』と『韃靼表具』】 »