« 掛軸の様式のまとめ6 【『見切仕立』と『韃靼表具』】 | トップページ | 関西学院大学文化総部書道部 学外展 »

2011年8月21日 (日)

ドイツ語

こんばんは玉木覚です

今日はドイツ語の講習に行ってきました

いきなりなぜドイツ語なのかと言いますと、私が所属している合唱団が来年の演奏会でドイツ語の曲をすることになったからです。曲はブラームス作曲のレクイエムをはじめとした数曲です。

今までの演奏会でもドイツ語の曲をやったことはあるのですが、私を含めてドイツ語を習ったことの無いメンバーが多かったので、なんとな~くで歌っている部分が多かったのです。そこで、今回はドイツ語の発音や文章の流れを勉強して演奏会に臨むことになりました。(ドイツ語の講習会は合唱団が講師をお招きして開催するものです。)

学生生活を卒業してからは語学の勉強を全くしていなかったので、久しぶりに学生に戻ったような不思議な気分でした

ドイツ語の発音って難しいですが、発音したときの言葉の響きが格好いいですね。しかし、子音が重なって出てくる単語や、日本語には無い発音の仕方が出てくる単語が多いので音読するのにとても苦労します。(例えばこれとか⇒ Herrlichkeit 【栄華、栄光といった意味】)

苦労する分、何とか発音できたときは楽しいです。学生時代は英語が必須の外国語だったのですが、英語を勉強しているときより楽しいです。もしかして、この年齢になってやっと語学の面白さに気付いたということでしょうか

110822_170501 ←ブラームス作曲のレクイエム(ドイツ語です)

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 掛軸の様式のまとめ6 【『見切仕立』と『韃靼表具』】 | トップページ | 関西学院大学文化総部書道部 学外展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語:

« 掛軸の様式のまとめ6 【『見切仕立』と『韃靼表具』】 | トップページ | 関西学院大学文化総部書道部 学外展 »