« 夏の風物詩 | トップページ | 別の観点から見た掛軸 その6 <床の間の様式と掛軸の関係②> »

2011年8月30日 (火)

表展に出品する作品を作っています

こんばんは玉木覚です

ただいま30日から31日へと日付が変わって30分くらい経ちました。つまり、31日の00:30頃です

こんな時間まで何をしているかと言いますと、9月21日22日に県民会館で開催される表展の青年競技大会に出品するための作品を作っています。作品を作ると言いましてもお題の作品(書や絵などの作品)はあらかじめ頂戴していまして、青年競技大会の出品者はこのお題の作品を掛軸や額などにして出品します。そして、出品した作品は点数がつけられて、得点上位者には賞が贈られます

展覧会まであまり日にちが無いのですが、あせらずに納得のいく作品に仕上げたいです。

ちなみに、青年競技大会の性質上、展覧会まではどんな作品を頂戴して何を作っているのかは一切公表できませんので、あしからず~展覧会が終わったら、去年みたいに何を作っていたのかをメイキング記事にしてブログにアップしていく予定です

では、そろそろ片付けてきます~

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 夏の風物詩 | トップページ | 別の観点から見た掛軸 その6 <床の間の様式と掛軸の関係②> »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表展に出品する作品を作っています:

« 夏の風物詩 | トップページ | 別の観点から見た掛軸 その6 <床の間の様式と掛軸の関係②> »