« 掛軸の身近なお話(予告編) | トップページ | 掛軸の身近なお話① »

2011年10月 7日 (金)

答です

こんばんは玉木覚です

最近、更新が遅くなっており、すみません。

今日は仕事を終えてから鍼灸に行ってきました。もちろん、左肩の寝違えを治してもらうためですいつもより多目の鍼と長い時間を使って、施術していただきました。そのおかげで痛みはかなり楽になりました。このまますんなりと治ってくれれば良いのですが。

先生も仰っていましたが、筋を一度痛めると癖になってしまい、治ったかに見えても再発しやすくなってしまうそうです。

<閑話休題>

では、昨日の問題の答です。実は、1の写真以外は全て掛軸にやさしくない取り扱いをしています

1 ←1.掛軸を仕舞ったところ。【巻緒でちゃんと括っています。】

4_2 ←2.掛軸を仕舞ったところ。【巻緒がぐちゃぐちゃに巻かれています。】

2 ←3.掛軸を巻いているところ。【ポスターなどを巻くときと同じように掛軸の真ん中を持って巻いています。掛軸を巻くときは軸先を持って巻きます。】

3_3 ←4.掛軸を持ち上げたところ。【巻緒をつまんで持ち上げています。掛軸を持ち上げるときは八双を持つのが安全です。】

これから数回に分けて掛軸にやさしい取り扱い方を紹介していきますよ~。これらの記事の中で、上の写真の何が問題なのかをお話していきます。

お楽しみに~

表具師  玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 掛軸の身近なお話(予告編) | トップページ | 掛軸の身近なお話① »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 答です:

« 掛軸の身近なお話(予告編) | トップページ | 掛軸の身近なお話① »