« 表展作品のメイキング36 <紐(掛緒)の取り付け> | トップページ | 靴 »

2011年12月20日 (火)

表展作品のメイキング37 <紐(巻緒)の取り付け>

こんばんは玉木覚です

前回で紐(掛緒)の取り付けが完了しました(写真1、写真2)。

9  ←写真1 鐶に紐(掛緒)を結いつけたところ

10 ←写真2 鐶に紐(掛緒)を結いつけたところ

さて、今日は掛緒に巻緒を取り付ける作業を紹介します。この作業が無事に完了したら、掛軸が完成します。

(掛緒と巻緒のお話は、昨日の記事『2011年12月19日 (月) 表展作品のメイキング36 <紐(掛緒)の取り付け>』をご覧ください。)

では、掛軸の全体像で巻緒の位置を確認しておきましょう(図1)。巻緒は掛緒に取り付けられるのですが、結いつけるのではありません。言葉では説明しにくいので、いつものように写真を交えてみてみましょう。

10_2  ←図1 掛軸の全体像

まずは、掛緒に巻緒となる紐をくぐらせて輪を作ります(写真3)。

6  ←写真3 掛緒に巻緒となる紐をくぐらせて輪を作ったところ

次に、お裁縫で使う縫い針と糸を準備します。そして、写真1で作った輪を掛緒の太さぎりぎりまで小さくします。ここまでできたら、小さくした輪の根元を準備した針と糸で縫います(写真4)。(注:巻緒を掛緒に縫い付けているのではありません。)

7  ←写真4 輪の根元を縫っているところ

縫う作業が完了したら、巻緒の余分な部分をカットして、その切り口を整えます(写真5)。

11  ←写真5 巻緒の余分な部分をカットして、その切り口を整えたところ

これで、巻緒の取り付けが完了しました。掛軸を巻き仕舞うとこのようになります(写真6)。

12  ←写真6 掛軸を巻き仕舞ったところ

とても長い連載記事になりましたが、これでやっと掛軸が完成しました。温かい目で長らくお付き合いくださったみなさま、本当にありがとうございます

では、完成した掛軸を掛けてみます(写真7)。

13  ←写真7 完成した掛軸

実際の床に掛けた写真ではなくて、すみません

次回からは「あとがき」ということで、メイキング記事を振り返って掛軸ができるまでの工程をまとめてみたいと思います。「掛軸ってこうやってできるんだ~」という風にご覧いただければ幸いです。

お楽しみに

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 表展作品のメイキング36 <紐(掛緒)の取り付け> | トップページ | 靴 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表展作品のメイキング37 <紐(巻緒)の取り付け>:

« 表展作品のメイキング36 <紐(掛緒)の取り付け> | トップページ | 靴 »