« 裏打ちの紙① | トップページ | 裏打ちの紙② »

2012年1月26日 (木)

こんばんは玉木覺です

日本全域が急激に寒くなっているようですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

ウチのお店がある神戸でもかなり気温が下がっており、日中でも雪がチラチラと降ったりしています寒いのが苦手な私は冬の風情があってなかなか良いと思う反面、早く暖かくなってくれないかなぁ、などと都合の良いことを考えてしまいます

昨日はお店の前のツクバイの水が凍っていました。去年もこの時期にツクバイの水が凍った記憶があります。一年が経つのは早いものですね。

ところで、氷でふと思ったことがあります。水自体や水分を含むものを使うお仕事をされている方は、寒いこの時期、それらのものが凍ってしまって仕事ができない、なんてことにならないのでしょうか。(朝起きたら糊がカチンコチンになってる、とか。)

今の時代だとヒーターで温めたり、製品自体に凝固点降下剤を添加して凍ることを防いだりしているのだと思いますが、そんなものがなかった昔々はどうしていたのでしょう。焚き火や七輪で温めていたのでしょうか。とても気になるところです。ちょっと調べてみますね

何かわかったらブログ記事に書きたいと思います。

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 裏打ちの紙① | トップページ | 裏打ちの紙② »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 裏打ちの紙① | トップページ | 裏打ちの紙② »