« | トップページ | 「伝統と創意」 ’12日本書芸院展 »

2012年4月14日 (土)

金環日食に向けて

こんばんは玉木覚です

テレビや新聞などで話題になっている「金環日食」ですが、5月21日に観測できるようですね。「金環日食」は、月に太陽が隠れて太陽が環になって見えるあの現象です。とても珍しい現象です。その珍しい現象が、日本の太平洋側を中心とした広い地域(東京・名古屋・大阪・高知・鹿児島など)で観察できるとのこととても楽しみです

「金環日食」が観察できる時刻ですが、だいたい7:20頃から7:40頃になるみたいです。(地域によって最大食時刻が決まっていますので、正確な時刻は専門のHPなどでご確認ください。→『全国市区町村別 金環食・部分日食観測ガイド』

私は「金環日食」というものをテレビや本でしか見たことがありませんので、5月21日の「金環日食」は自分で観察するべく気合が入っています。しかし、太陽を直接見ることは目を痛める原因となって大変危険な行為です。ということで、日食グラスを探してきます(安くて良いのが売ってないかなぁ。小学生の頃は色付きのセロハンや色付きのプラスチック製下敷きを使って太陽を見ていたのですが、これって危険な行為だったのかもしれませんね

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« | トップページ | 「伝統と創意」 ’12日本書芸院展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金環日食に向けて:

« | トップページ | 「伝統と創意」 ’12日本書芸院展 »