« 屏風の紹介④(枕屏風) | トップページ | 梅雨入り »

2012年6月 6日 (水)

須磨の海

こんばんは玉木覚です

今日は、太陽を金星が横切るというとても珍しい天体ショーがありましたね。神戸の方は天気が良かったので、リアルタイムでご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。私はテレビのニュースでバッチリ見ましたよ(太陽を見るための専用のメガネを持っていませんので

~~~閑話休題~~~

今日の記事の題名は「須磨の海」となっていますが、ダイビングに行ってきたのではありません。先日、須磨に行く用事があったので、お昼の空き時間に須磨海岸を散歩してきました。

22 ←須磨海岸

この日のお天気は曇りでしたが、そのおかげか過ごしやすい気温でした。釣り人はあまり見かけませんでしたが、ウォーキングしている人はたくさんいました。

55 ←須磨海岸から沖を望む

須磨海岸と言えば、私が小さい頃に友人とよく釣りに来た場所のひとつです。JR須磨駅を南に降りると、そこには須磨海岸が広がっています。海岸にはところどころコンクリート製の突堤というか船着場のようなものがありまして、そこから釣り糸を垂らしたものです。

44_3 ←海岸の向こうの方(写真の中央付近)にある黒っぽい棒状のものが突堤です。

須磨の海は神戸港と比較してとても綺麗です。突堤の先から足元を見ると、たまに魚が泳いでいる様子が見えます。この日は魚の泳いでいる様子を見ることができませんでしたが、夏場には小アジや小サバが群れになって泳いでいる様子がハッキリと見えます。(神戸港は水が濁っているせいで、魚群がいても須磨の海ほどはハッキリと見えません。)

33_3 ←突堤から見た海面

最近、釣りに行く機会がなかなか無いのですが、時間を見つけて釣竿を片手にブラリと須磨海岸に行ってきたいものです。

11_4 ←須磨の海

写真には写っていませんが、突堤の新築か補修かわかりませんが工事をやっていました。私が覚えている須磨の海の風景は15年以上前のものですので、見ていて「懐かしいなぁ。」と思う風景もあれば、「いつの間にこうなったんだろう。」と思う場所もありました。

私が年を取ったのと同じように、須磨の海も年を取ったようですね

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 屏風の紹介④(枕屏風) | トップページ | 梅雨入り »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 須磨の海:

« 屏風の紹介④(枕屏風) | トップページ | 梅雨入り »