« 表展作品のメイキング記事 その15 (押風帯の取り付け) | トップページ | 表展作品のメイキング記事 その15 (総裏の準備) »

2012年12月20日 (木)

酒の粕

こんばんは玉木覚です

季節はすっかり冬になりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか

この時期になると、そろそろ酒蔵から酒の粕が販売されますね。私の住んでいる神戸近辺には有名な酒蔵がたくさんありまして、その酒蔵ごとに酒の粕が売り出されています。酒蔵の前を通ると『酒の粕、売っています。』といったのぼりが立っていて、季節の移り変わりを感じます。

ところで、日本酒を作っている酒蔵はたくさんあって、その酒蔵の中に幾つかのお酒の種類があるのですが、酒蔵ごとやそれぞれのお酒の味が違うように酒の粕の味も酒蔵(もしくはお酒の種類)ごとに違ってくるのかな~?といったことを最近思いました。毎年、私の家ではいつも決まった酒蔵の酒の粕を食べているのですが、今年は酒の粕の食べ比べをしてみても面白いのではないかと思っています。冬の楽しみがひとつ増えました

酒の粕といえば、粕汁にしても美味しいし、甘酒にしても美味しいし、そのまま焼いて砂糖醤油を塗って食べても美味しいし(この食べ方は、去年知りました)、とても魅力的な食べ物です。私の祖母が「酒の粕は体に良いんだよ~」と言いながら、コタツに入って粕汁をバクバク食べていたことを思い出します。

まずは、気になっている酒蔵に行って酒の粕を買うことにします

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 表展作品のメイキング記事 その15 (押風帯の取り付け) | トップページ | 表展作品のメイキング記事 その15 (総裏の準備) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒の粕:

« 表展作品のメイキング記事 その15 (押風帯の取り付け) | トップページ | 表展作品のメイキング記事 その15 (総裏の準備) »