« 春の足音 | トップページ | 第19回明石現代作家展 »

2013年3月10日 (日)

版画

こんばんは玉木覚です

最近、版画作品を間近で見る機会がありまして、版画に興味を持っています

版画といいますと、私の場合は小学校の図画工作の授業で彫刻刀を持って板を削って絵を描いていた記憶ぐらいしかありません。なので、今までちゃんとした版画の作品を見ることが無かったので、版画の作品の印象はとても新鮮でした。

何が新鮮かといいますと、版画と言うと白黒のイメージしかなかったのですが、カラーの作品があったことです(今更ですが)。どうやって色をきれいに塗り分けているのか、とても不思議に感じます。

また、現代では色付けをするための材料がたくさんありますが、江戸時代などの古い時代の作品が作られたときには、どのような材料で色付けされたのか興味があります(当時は現代ほどたくさんの種類の材料は無かったのではないかと勝手に思っています。)。

ちょっといろいろと調べてみようと思います

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 春の足音 | トップページ | 第19回明石現代作家展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 版画:

« 春の足音 | トップページ | 第19回明石現代作家展 »