« ホヤ | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その18.八双の取り付け> »

2014年7月30日 (水)

表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その17.軸木の取り付け>

こんばんは玉木覚です

前回の記事から間が空いてすみません。今日は、掛軸のメイキング記事です。

前回の記事では、耳すきの様子を紹介しました(写真1)。
☆前回の記事はこちらです。⇒『2014年7月15日 (火) 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その16.耳すき>』

5  ←写真1 耳すきの様子(刃物で宇陀紙をそぎ落としているところ)

今日の記事では、軸木を掛軸に取り付ける様子を紹介します。

☆軸木の取り付けに関しては、こちらの記事もご参照ください。⇒『2011年12月17日 (土) 表展作品のメイキング34 <八双付けと軸木付け>』

☆軸木は掛軸の下端に付いている木の棒です(図1)。

10_2 ←図1 掛軸(裏面)の模式図

まずは、以前の記事(『2014年6月16日 (月) 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その14.軸木の準備>』)で準備した軸木(写真2)を用意します。

7  ←写真2 以前の記事で準備した軸木

では、ここからが今日の本題です。

はじめに、写真2の軸木に付いている余分な接着剤を刃物やヤスリを使ってそぎ落とします。(余分な接着剤は、写真2で灰色に見えている部分です。)

次に、掛軸の下端の袋を開きます。ここに軸木をセットします(写真3)。

1  ←写真3 掛軸の下端の袋に軸木をセットしたところ

この時に、左側と右側の軸先が掛軸から均等に出るようにします(写真4、写真5)。
もしも、左側と右側の軸先が掛軸から均等に出ていなかったら、掛軸が出来上がった時に左側と右側の軸先の出具合が均一になりません。こうなると、掛軸の見栄えが悪くなるので、注意が必要です。

2  ←写真4 左側の軸先の出方

3  ←写真5 右側の軸先の出方

軸木を袋にちゃんとセットできたら、あとは軸木を袋でしっかりと包みます(写真6)。
:細かい話ですが、袋は掛軸の表具布および掛軸の裏地と一体化しています。ですので、軸木を袋で包むということは、軸木を掛軸の表具布および掛軸の裏地で包むということになります。

4  ←写真6 軸木を袋で包んだところ

これで、掛軸に軸木を取り付けることができました。

次回は、掛軸の上端に八双を取り付けます。

お楽しみに~

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« ホヤ | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その18.八双の取り付け> »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ホヤ | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その18.八双の取り付け> »