« 第47回書窓学院書道公募展 | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その4.布の柄合わせ> »

2014年11月24日 (月)

表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その3.表具布の切り出し>

こんばんは玉木覚です。

今日は、掛軸のメイキング記事をお送りします。今回のメイキング記事の掛軸は、こちら(写真1)です。

1  ←写真1 メイキング記事で紹介する掛軸(真ん中に写っている掛軸)

前回の記事では、掛軸に使う表具布を選ぶ様子を紹介しました。
☆前回の記事は、こちらです。⇒『2014年11月20日 (木) 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その2.表具布の選定>』

写真2は、今回の掛軸に使う表具布です(上から、天地、中廻、一文字)。天地は魚子(ななこ)、中廻は緞子(どんす)、一文字は竹屋町本金襴を使います。

0   ←写真2 掛軸に使う表具布(上から、天地、中廻、一文字)

ここからが、今日の本題です。

表具布は、ロール状に巻いてある状態で保管しています。ですので、表具布を使う時は、使う分だけ切って使います。

布を切るときには、カッターナイフや事務作業で使うようなハサミではなく、切れ味の鋭いハサミを使います。写真3は、布を切るときに使うハサミです(ハサミの下には、比較のために一尺差を置いています。)。

*布の切り出しは、こちらの記事も参考にご覧ください。布を切るときのポイントなどを書いています。
『2014年3月27日 (木) 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その2.布の切り出し>』
『2011年11月 2日 (水) 表展作品のメイキング⑧ <布の切り出し>』

1  ←写真3 布を切るときに使うハサミ(ハサミの下には、比較のために一尺差を置いています。)

では、実際に布を切っていきましょう。まずは、一文字に使う金襴からです(写真4、写真5)。

布を切るときは、布の柄に対して直線的に切ります。(このお話は、『2014年3月27日 (木) 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その2.布の切り出し>』に譲ります。)

布を斜めに切ると、その分だけ布をロスすることになるので、できるだけロスが出ないように注意します。

3  ←写真4 ハサミで金襴を切っているところ


5  ←写真5 ハサミで金襴を切っているところ

布を切り出したら、それで終わりではありません。布の耳の部分に、ハサミで切れ込みを入れます。写真6は布の耳に切れ込みを入れたところです。

6  ←写真6 布の耳に切れ込みを入れたところ

布の耳に切れ込みを入れたら、耳の両端を切り落とします。写真7は、耳の両端を切り落としたところです。耳の両端が斜めに切れ落ちています(右側の耳を斜めに切り落とした様子が、わかりにくくてすみません。)。

7  ←写真7 耳の両端を切り落としたところ

布の耳に切れ込みを入れて、耳の端を斜めに切り落とすことによって、布の引きつりが解消されます。布が引きつっていると、柄が歪む原因になります。

次は、中廻に使う緞子を切ります(写真8、写真9)。切り方は、金襴の時と同じです。布の柄に対して斜めに切らないように、布の柄に対して直線的にハサミで切っていきます。

9  ←写真8 緞子を切っているところ

10  ←写真9 緞子を切っているところ

切り終わったら、金襴の時と同様に布の耳に切れ込みを入れてから、耳の端を斜めに切り落とします。

12  ←写真10 布の耳に切れ込みを入れて、耳の端を斜めに切り落としたところ

15   ←写真11 布の耳に切れ込みを入れて、耳の端を斜めに切り落としたところ

天地に使う魚子も同じように切ります(写真は紙面の都合で割愛します。)。ただし、魚子には柄がありませんので、布の繊維の目(布の織り)に沿ってハサミを進めていくことになります。(このお話もさっきと同じ記事、『2014年3月27日 (木) 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その2.布の切り出し>』に譲ります。)

布の切り出しが出来た後は、布の柄合わせという工程に入ります。地味ですが重要な工程です。

お楽しみに~

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 第47回書窓学院書道公募展 | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その4.布の柄合わせ> »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 第47回書窓学院書道公募展 | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その4.布の柄合わせ> »