« クリスマスがやってくる | トップページ | 今年も早かった~☆ »

2014年12月27日 (土)

表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その7.肌裏の様子>

こんばんは玉木覚です

今日は、掛軸のメイキング記事の続きをお送りします。

写真1は、今回のメイキング記事で作っている掛軸です。

1  ←写真1 メイキング記事で紹介する掛軸(真ん中に写っている掛軸)

前回の記事では、肌裏に使う裏打ち紙を準備している様子を紹介しました。写真2は、布および作品に使う裏打ち紙を準備したところです。

:肌裏とは、掛軸を作る工程で一回目に行う裏打ちのことです。掛軸が完成するまでに、裏打ちを3回行います。一回目の裏打ちは「肌裏(はだうら)」、二回目の裏打ちは「増裏(ましうら)」、三回目の裏打ちは「総裏(そううら)」といいます。

5_2  ←写真2 布および作品に使う裏打ち紙を準備したところ

☆前回の記事は、こちらです。⇒『2014年12月15日 (月) 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その6.肌裏に使う裏打ち紙の準備>』

ここから、今日の本題です。今日の記事では、布および作品に肌裏(一回目の裏打ち)を入れる様子を紹介します。

☆肌裏に関する記事は、こちらにもあります。特に①と②の記事の方が、今回の記事よりも詳しいことを載せています。
①⇒『2011年11月 6日 (日) 表展作品のメイキング⑪ <布の裏打ち(肌裏)>』
②⇒『2011年11月 7日 (月) 表展作品のメイキング⑫ <作品の裏打ち(肌裏)>』
③⇒『2014年4月26日 (土) 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その6.肌裏>』

まず、裏打ちをするためには、裏打ち紙に糊を付けなくてはいけません。写真3は、刷毛を使って裏打ち紙に糊を付けているところです。裏打ち紙に糊を付けるときは、糊がかすれたり溜まったりしないように注意して、裏打ち紙に均一に糊を付けることが大切です。
もし、糊がかすれた状態で裏打ちをすると、糊がかすれた部分が裏打ちをする物(布や作品)に接着せず裏打ちが浮く原因になります。また、糊が溜まった状態で裏打ちするとその部分にシミができる原因になります。
(写真3の状態では糊のムラがあります。ここから刷毛を使って糊を均一に付けます。)

1  ←写真3 刷毛を使って裏打ち紙に糊を付けているところ

裏打ち紙に糊を付けたら、裏向けに置いた裏打ちする物(布や作品)の上に 糊を付けた裏打ち紙を置きます。この時、糊を付けた面が裏打ちする物の裏面に来ます。(写真4)

2  ←写真4 裏向けに置いた布の上に、糊を付けた裏打ち紙を置いているところ

布の裏面に無事に裏打ち紙を置けたら、シュロ刷毛で撫でます(写真5)。シュロ刷毛で撫でることによって、布と裏打ち紙が接着されます。

3  ←写真5 シュロ刷毛で撫でているところ

十分にシュロ刷毛で撫でたら、仮張りに掛けてしっかりと乾燥させます。写真6は写真5で裏打ちしたものを仮張りに掛けたところです。この状態で乾燥させます。

4  ←写真6 裏打ちを入れた布を仮張りに掛けて乾燥させているところ

続きまして、金襴の裏打ちです。今回の掛軸では、金襴は一文字と風帯に使います。
金襴の場合も、シュロ刷毛で撫でるところ(写真5)までは先ほどと同様にして裏打ちを行います。写真7は写真5と同じようにシュロ刷毛で撫でているところです。

5  ←写真7 シュロ刷毛で撫でているところ

ただし、金襴の場合は、シュロ刷毛で撫でたあとに打ち刷毛を入れました(写真8)。
*:打ち刷毛に関しては、こちらの記事をご参照ください。
『2011年11月 6日 (日) 表展作品のメイキング⑪ <布の裏打ち(肌裏)>』
『2011年1月28日 (金) 打ち刷毛』

6  ←写真8 打ち刷毛を入れているところ

最後に作品の裏打ちです。作品の裏打ちも手順は今までと同じです(ただし、打ち刷毛は使いません。)。
写真9、写真10は、写真5と同じようにシュロ刷毛で撫でているところです。

7  ←写真9 シュロ刷毛で撫でているところ

8  ←写真10 シュロ刷毛で撫でているところ

十分にシュロ刷毛で撫でたら、仮張りに掛けます(写真11)。

9  ←写真11 仮張りに掛けたところ

これで、肌裏の工程が完了しました。
(●記事では紹介していませんが、掛軸に使うすべての布に肌裏をしています。)

肌裏を入れたものを仮張りに掛けてしっかりと乾燥させたら、次は増裏(二回目の裏打ち)の準備に入ります。

次回もお楽しみに~

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« クリスマスがやってくる | トップページ | 今年も早かった~☆ »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« クリスマスがやってくる | トップページ | 今年も早かった~☆ »