« ヨーグルト | トップページ | 「伝統と創意」 第69回 日本書芸院展 »

2015年4月 5日 (日)

表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その15.耳折り、その2>

こんばんは玉木覚です

今日は掛軸のメイキング記事です。

写真1は、今回のメイキング記事で作っている掛軸です。写真1の掛軸を作っている様子を、メイキング記事として紹介しています。

1  ←写真1 メイキング記事で紹介する掛軸(真ん中に写っている掛軸)

前回の記事では、耳折の前半の記事(千枚通しで布にカタを付けて、その後、布を折っているところまで)を紹介しました。写真2は、耳を作るために布を折っているところです。

●前回の記事はこちらです。⇒『2015年3月25日 (水) 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その14.耳折り、その1>』

 

11  ←写真2 布を折っているところ(しっかりと折るために、竹製のヘラを使っています。)

今日の記事では、布を折った部分に糊を付けて耳を作ります。

<補足1>
☆耳折の工程はこちらの記事をご参照ください。
『2010年11月16日 (火) 表展作品のメイキング⑱(覚ver.)<『耳』を作ります>』
『2011年12月 2日 (金) 表展作品のメイキング25 <耳折>』

<補足2>
耳折の工程では、掛軸の耳と呼ばれる部分を作ります。
○耳とは、掛軸の裏面の両端にある、布を折り返した部分です(写真3参照)。
☆耳の役割については、こちらの記事に譲ります。⇒⇒『2010年11月16日 (火) 表展作品のメイキング⑱(覚ver.)<『耳』を作ります>』
2 ←写真3 掛軸を裏から見たところ。矢印の先にある縦のラインが耳です。

では、ここから今日の作業に入ります。

今日の記事では、布を折った部分に糊を付けて、耳を完成させます。

まずは、布を折った部分に糊を付けます(写真4)。

1  ←写真4 布を折った部分に糊をつけているところ

糊を付け終わったら、布をしっかりと折り返します。このときに、アイロンを使ってしっかりと接着させます(写真5)。これで耳が出来ました(写真6)。

2  ←写真5 布をしっかりと折り返しているところ(アイロンを使ってしっかりと接着させています。)

3  ←写真6 耳が出来ました。

掛軸には、右側と左側の両方に耳があります。本記事では、片側の耳を作っている様子しか紹介していませんが、実際にはもう片側の耳も同様にして作ります。

写真7は、両方の耳が完成したところを表から見た様子です。

4  ←写真7 両方の耳が完成したところを表から見た様子

これで、だいぶん掛軸らしい形になってきました。

この次は、三回目の裏打ちである総裏を行います。しかし、総裏をするためにはその準備をしなければいけません。

ということで、次回の記事では総裏の準備の様子を紹介します。

おたのしみに~

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« ヨーグルト | トップページ | 「伝統と創意」 第69回 日本書芸院展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ヨーグルト | トップページ | 「伝統と創意」 第69回 日本書芸院展 »