« 第29回 書道 玄燿展 | トップページ | 第13回 滴仙会書法展(一般の部・学生の部) »

2015年7月 5日 (日)

表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その23.八双の取り付け>

こんにちは玉木覚です

前回のメイキング記事からしばらく間が空いてしまい、すみません。

今日は掛軸のメイキング記事です。

写真1は、今回のメイキング記事で作っている掛軸です。写真1の掛軸を作っている様子を、メイキング記事として紹介しています。

1  ←写真1 メイキング記事で紹介する掛軸(真ん中に写っている掛軸)

前回の記事では、軸木を取り付ける様子を紹介しました(写真2)。
☆前回の記事は、こちらです。⇒『2015年6月 9日 (火) 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その22.軸木の取り付け>』

4_2  ←写真2 軸木を取り付けているところ

今日は、掛軸の上辺に八双を取り付ける様子を紹介します。
☆八双の取り付けは、こちらの記事もご覧ください。⇒『2014年8月 2日 (土) 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その18.八双の取り付け>』

☆八双は掛軸の上端に付いている木の棒です(図1)。

10_2 ←図1 掛軸(裏面)の模式図

では、早速作業に入ります。

まずは、以前の記事で作った八双を準備します(写真3)。

8_2  ←写真3 八双

次に掛軸を準備して、八双を取り付ける位置を加工します。写真4は、八双を取り付ける部分(袋)を開いているところです。写真5は、八双を取り付ける部分(袋)を開いたところです。

1  ←写真4 八双を取り付ける部分(袋)を開いているところ

2  ←写真5 八双を取り付ける部分(袋)を開いたところ

ここに八双を置いてみて、取り付け位置の確認を行います(写真6)。

3  ←写真6 八双の取り付け位置を確認しているところ

取り付け位置を確認したら、余分な部分をカットします(写真7)。

4  ←写真7 余分な部分をカットしたところ

余分な部分をカットしたら、もう一度、八双を取り付ける位置に八双をセットします(写真8)。

5  ←写真8 八双を取り付ける位置に八双をセットしたところ

この時に、八双の右端と左端が掛軸から均等に出るように調節します(写真9、写真10)。

6  ←写真9 八双の右端

7  ←写真10 八双の左端

ここまでできたら、八双を袋で包んでいきます(写真11)。写真12は、八双を袋で包み終わったところです。

8  ←写真11 八双を袋で包んでいるところ

9  ←写真12 八双を袋で包み終わったところ

これで、掛軸に八双の取り付けが完了しました。

写真13は、八双を取り付けた状態の掛軸を裏から見たところです。

10  ←写真13 八双を取り付けた状態の掛軸を裏から見たところ

ちなみに、掛軸を表から見た様子は写真14です。

11  ←写真14 掛軸を表から見たところ

これで、掛軸の完成形にだいぶん近づいてきましたね。

次回はこの掛軸に取り付けるための風帯を作っている様子を紹介します。

お楽しみに~

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 第29回 書道 玄燿展 | トップページ | 第13回 滴仙会書法展(一般の部・学生の部) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 第29回 書道 玄燿展 | トップページ | 第13回 滴仙会書法展(一般の部・学生の部) »