« 扇子の掛軸(作品の取り外しから完成まで) | トップページ | 三脚 »

2015年8月25日 (火)

問題点

こんばんは玉木覚です

先日購入したカメラを持って、風景を撮っていたときのことです。

私のカメラには液晶画面が付いていて、撮った画像をすぐに確認できます。撮ったその場で写真を確認して見ると、「多少、画面がブレているなぁ」という程度のブレ具合だったのですが、家のパソコンで拡大して見てみるととんでもなくひどいとこになっていました。

Img_3169 ←ブレています。(手すりに固定して撮影)

Img_3211  ←これもブレています。(軽量三脚で撮影)

Img_3215 ←何度チャレンジしてもブレています。(軽量三脚で撮影)

私は身軽に動き回って撮影したいほうなので、手持ちで撮影するか、軽量の三脚を持って撮影するスタイルでした。上に載せた写真を撮影した時も、手持ちか軽量三脚でした。

今までコンパクトデジタルカメラではあまり気にしていなかったことが、一眼カメラを使いだしてから急に気になるようになりました。

とりあえず、このままの状態で写真を撮り続けるのは気持ちが悪いので、このブレの問題を解決する方法を調べたところ、しっかりした頑丈な三脚を使うことが肝心であることがわかりました。

ということで、暇を見つけてカメラ屋さんに三脚を買いに行ってきます。

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 扇子の掛軸(作品の取り外しから完成まで) | トップページ | 三脚 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題点:

« 扇子の掛軸(作品の取り外しから完成まで) | トップページ | 三脚 »