« 須磨の海から | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その27.風帯の取り付け> »

2015年8月16日 (日)

見慣れた景色のはずが

こんにちは玉木覚です

お盆休みの最後の日曜日、いかがお過ごしでしょうか。

私は、新しく買ったカメラで撮影した写真の整理に追われています「撮ったからには撮りっぱなしにするのはもったいないなぁ。」と思いながら写真を見返しているのですが、これがなかなか思うように撮れていないです。カメラに付いている液晶画面程度の大きさならあまり気がつかなかったのですが、大きなサイズに引き伸ばして見ると、ピントのズレや構図の甘さなどのアラがよくわかります(このブログに載せている写真は、比較的マシなものだと思ってください。あと、ブログの容量の都合上、写真のデータを軽くしていますので、ここに載せている写真は元の写真よりも画質が落ちています。)。
もっと写真を撮りまくって何とか上達したいものです。

さて、昨日はハーバーランドに写真を撮りに行ってきました。時刻は夕方から夕暮れまでの二時間程度です。

1_2 ←着いた時には既に夕方

メリケン波止場を散歩しながら、神戸港を撮影。神戸に30数年住んでおいて今更ですが、神戸港って船の出入りがかなり多いです。次々に船が往来します。

2_2 ←入港する船

メリケン波止場から中突堤に移動。今日は天気もよく、このあたりはたくさんの人で賑わっていました。散歩しながら気づいたことですが、このあたりはカメラを持って撮影していらっしゃる方がかなり多いです。それだけ有名な撮影場所ということでしょうか。

3_3 ←中突堤からモザイクを望む

今回はポートタワーに登りませんでしたが、今度来た時はポートタワーに登って風景を撮影してみたいです。

4_2 ←ポートタワー

ゆっくりしているうちに、空の様子が夕暮れから夕闇へと移行してきました。暗くなってくると照明が点灯するので、昼間の明るい時に見る様子とはまた違った雰囲気になります。

5_3 ←夕闇迫る風景

そして、日が暮れ出すとアッという間に真っ暗になってしまいました。暗くなってからの方が人の数が増えたように感じます。(カメラを持った人の数も増えていました。)

帰る途中に、電飾されたモザイクを撮影。海面に映える電飾の光が楽しかったです。

6_3 ←電飾されたモザイク

見慣れた景色だと思っていた場所でも、撮影という今までとは違う視点で見ると、新たな発見があって楽しかったです。

今日の反省点、これからは三脚を使おうと思いました。ますは三脚の値段と性能を調べるところからですが、結構高いんだろうなぁ。

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 須磨の海から | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その27.風帯の取り付け> »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見慣れた景色のはずが:

« 須磨の海から | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その27.風帯の取り付け> »