« 厄払い | トップページ | 表展作品のメイキング記事(青年競技大会の部 ver.) <その11.耳折り> »

2016年2月16日 (火)

再び城崎温泉へ

こんばんは玉木覚です

暖かくなったと思ったら寒くなったりと、忙しい気温の変化が続いていますね。
三寒四温という言葉がぴったりくるように感じます。

さて、先日(気温の暖かい日)、城崎温泉へ行ってきました。

その日の城崎温泉の街の様子は、一月に訪れた時とは大きく変わっていました。
そうです、一月には積もっていた雪がほとんどなくなっているではありませんか。

1_2  ←一月に訪れた時の城崎温泉の風景

2_2  ←今回訪れた時の城崎温泉の風景(雪は路肩に寄せられている以外には見当たりませんでした。)

「前回に訪れた時から3週間と経っていないのに、こんなに風景が変わるのか~。」と驚きつつ、城崎温泉駅前を散策しました。

6  ←JR城崎温泉駅

すると、駅の前に湯飲場なるものがありました。文字通り、温泉の湯を飲むことができます。

3_2  ←湯飲場

湯飲場には湯のみ茶碗が用意されており、美味しそうに温泉が湧いています。

4  ←湯のみ茶碗と温泉

せっかくなので、温泉を飲んでみました。体に良さそうな味がしましたよ。不思議な味でした。

5  ←記念碑

温泉を楽しんだ(飲んだ)あとは、駅舎に入って帰りの列車を待つことにしました。
(余談ですが、城崎温泉駅の隣の駅は玄武洞駅だったのですね。これからは、車でこれない時期は電車で玄武洞に行こうかな。)

8  ←駅の看板

7  ←ホームから竹野駅方面を望む

いつか、この列車に乗ってみたいです。

9  ←停車中の普通列車

やはり、城崎温泉はいい街だ☆

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 厄払い | トップページ | 表展作品のメイキング記事(青年競技大会の部 ver.) <その11.耳折り> »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び城崎温泉へ:

« 厄払い | トップページ | 表展作品のメイキング記事(青年競技大会の部 ver.) <その11.耳折り> »