« 表展作品のメイキング記事(青年競技大会の部 ver.) <その16.風帯の作製、その②> | トップページ | 祭りは近い »

2016年4月25日 (月)

近所の海の香り

こんばんは玉木覚です

4月も後半に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか。
私は花粉と黄砂のダブルパンチで、鼻風邪をひいたかのような日々を過ごしています

さて、この時期になると気温も大分暖かくなり、少しずつ日が沈む時間が遅くなってきます。夕方の時間帯が好きな私にとっては、仕事を終えてから眺める空がこの時期の楽しみになっています。

先日、夕方の空を眺めていると、ふんわりと海の香りがしました。私の家は海から車で10分程度の距離なので、風向きによっては海の香りが届くのでしょうか。

毎年、梅雨の時期から夏の時期に、たまに夕方の時間帯に海の香りがすることがあるのですが、この時期にこの体験をするとは思いませんでした。
(それだけ気温が例年よりも暖かくなっているということでしょうか。気象情報でも、「この時期にしては気温の高い日がある。」なんてことを言っていました。)

こういう体験をすると、近所の海を見に行きたくなります。学生時代に、岸壁や船着場から糸を垂らして魚釣りをした記憶があります。気温が暖かくなるちょうど今の時期からのことです。

昔の記憶を辿りながら、たまにはカメラを片手に家の近所の海を見て回るのも良いかもしれない、なんて思いました。

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 表展作品のメイキング記事(青年競技大会の部 ver.) <その16.風帯の作製、その②> | トップページ | 祭りは近い »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近所の海の香り:

« 表展作品のメイキング記事(青年競技大会の部 ver.) <その16.風帯の作製、その②> | トップページ | 祭りは近い »