« 冬の相楽園 | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<予告> »

2017年1月28日 (土)

屏風のメイキング記事<その8.作品の張り込み、オゼ貼り、完成>

こんばんは玉木覚です

今日は、屏風のメイキング記事です。

写真1の背景に写っている屏風が、今回の記事で紹介する屏風です。
屏風のサイズは、延し広げた状態で約60 cm ×約60 cmです。屏風としては比較的小型のサイズなので、ちょっとしたインテリアとして使いやすいです。

1  ←写真1 今回作る屏風

前回の記事では、屏風にフチを取り付ける方法とフチを取り付けたところを紹介しました。

写真2は、屏風のフチの裏側を見たところです。

22  ←写真2 屏風のフチの裏側を見たところ

☆前回の記事は、こちらです。⇒ 『2017年1月19日 (木) 屏風のメイキング記事<その8.フチの取り付け>』

☆このメイキング記事では、屏風が出来るまでの雰囲気をお伝えすることが第一の目的です。よって、その雰囲気を優先してお伝えするために、専門的なお話は割愛しています。その点をご了承の上、ご覧くださいませ。

今日の記事では、屏風に作品を張りこんでから、オゼに布を貼る様子を紹介します。
この工程を経ると、屏風は完成します。

まずは、屏風に張り込む作品を準備します。写真3は、作品の余分な部分(余白部分)をカットしているところです。写真4は、余白部分のカットができたところです。

1  ←写真3 作品の余白部分をカットしているところ

2  ←写真4 作品の余白部分をカットしたところ

次に、この作品を屏風の上に乗せて、張り込む位置を確認します(写真5)。

3  ←写真5 作品を張りこむ位置を確認しているところ

作品を張りこむ位置が確認できたら、作品を二つにカットします(写真6)。
☆作品を二分割(屏風の左側に張る部分と屏風の右側に張る部分)して、屏風に張り込みました。

5  ←写真6 作品を二つにカットしたところ

この作品をもう一度屏風の上に乗せて、実際に作品を張りこむ位置を確認します。そして、作品を張りこむ位置が確認できたら、作品を張りこむ場所に待ち針などで印をつけておきます(写真7)。

6  ←写真7 作品を張りこむ位置を確認してから、作品を張りこむ場所に待ち針などで印をつけたところ

ここまでできたら、あとは作品を張りこんでいきます。

まずは、向かって左側から作品を張りこんでいるところです(写真8、写真9)。

7  ←写真8 向かって左側の作品を張りこんでいるところ

8  ←写真9 向かって左側の作品を張りこんだところ

続いて、向かって右側の作品を張りこみます(写真10、写真11)。

9  ←写真10 向かって右側の作品を張りこんでいるところ

10  ←写真11 向かって右側の作品を張りこんだところ

これで作品の張り込みができました。
写真12は、作品を張りこんだ屏風を立てたところです。

11  ←写真12 作品を張りこんだ屏風を立てたところ

最後に、屏風のオゼに布を貼ります。オゼには、屏風の裏面に使用している布(紺色の布)と同じ布を使用しました(写真13)。
☆オゼとは、写真13でいうと、こちらを向いている細長い部分のことです。
☆屏風の各部の名称は、こちらの記事をご覧ください。⇒『http://www.tamakirakuzando.com/sub35.html』

12  ←写真13 屏風のオゼに布を貼ったところ

これで、屏風は完成です

屏風はたくさんの工程を経て完成しますが、この屏風のメイキング記事では細かい部分を除いて一つ一つの工程を簡単に紹介していきました。

普段、完成品の屏風をご覧になる機会はあると思いますが、その作り方に触れる機会はあまり多くないと思います。もし、この記事を読んでくださった方が「フムフム、屏風ってこうやってできるのか☆」といった感じで、屏風のことに興味を持って頂けたら幸いです。
屏風のメイキング記事は、今回だけに限らず別の屏風を作っている様子をこのブログに掲載しようと思っていますので、お楽しみください

いつもながらマニアックな内容にもかかわらず、最後まであたたかく記事を読んでいただきまして、誠にありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

次のメイキング記事は、掛軸の作製(古い掛軸の仕立て直し)の様子を紹介します。
お楽しみに~

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 冬の相楽園 | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<予告> »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 冬の相楽園 | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<予告> »