« 小川温泉へ行ってきました☆後編 | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<その15.軸木と八双の作製> »

2017年5月25日 (木)

表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<その14.総裏>

こんばんは玉木覚です

今日は、掛軸のメイキング記事をお送りします。

今回のメイキング記事では、古い掛軸の作品を使って、新しい掛軸に仕立て直しします。

出来上がった掛軸(仕立て直しをした後)は写真1、古い掛軸(仕立て直しをする前)は写真2です。

ちなみに、今回作った掛軸(写真1)は、行の行という形式の掛軸です。
☆行の形式については、こちらの記事をご参照ください。⇒『2011年7月 7日 (木) 『行』の仕立(掛軸)』

16  ←写真1 2016年表展の一般の部に出品した掛軸(仕立て直しをした後)

33  ←写真2 古い掛軸(仕立て直しをする前)

前回の記事では、総裏の準備の様子を紹介しました(写真3)。

8_2  ←写真3 総裏の裏打ち紙(宇陀紙)の準備ができたところ(宇陀紙の上辺と下辺を喰い裂きにしています。)

☆前回の記事は、こちらです。⇒『2017年5月16日 (火) 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<その13.総裏の準備>』

今日の記事では、総裏を行っている様子を紹介します。

:総裏とは、掛軸を作る工程で三回目に行う裏打ちのことです。掛軸が完成するまでに、裏打ちを3回行います。一回目の裏打ちは「肌裏(はだうら)」、二回目の裏打ちは「増裏(ましうら)」、三回目の裏打ちは「総裏(そううら)」といいます。

☆総裏の関しては、こちらの記事もご覧ください。⇒『2016年3月13日 (日) 表展作品のメイキング記事(青年競技大会の部 ver.) <その13.総裏>』

<追記>

総裏に関する記事に関しては、下のリンクの記事も併せてご覧ください。
『2011年12月 3日 (土) 表展作品のメイキング26 <総裏の準備、その1>』
『2011年12月 5日 (月)  表展作品のメイキング27 <総裏の準備、その2>』
『2011年12月 6日 (火) 表展作品のメイキング28 <総裏の準備、その3>』
『2011年12月 9日 (金) 表展作品のメイキング29 <総裏>』
『2014年6月 9日 (月) 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.) <その12.総裏>』

では、今日の作業に入りましょう。
(今日の記事では、総裏の様子を写真を交えながら簡単に紹介します。

まずは、作業台の上に掛軸を裏向けにして置きます。

そして、掛軸の八双を取り付けるための袋を所定の位置にセットします(写真4)。

1  ←写真4 掛軸の八双を取り付けるための袋を所定の位置にセットしたところ

次に、上巻きに糊をつけます(写真5)。
どの裏打ちでもそうですが、糊の付け方にムラが無いように注意して糊付けの作業を行います。

2  ←写真5 上巻きに糊をつけているところ

上巻きに糊をつけたら、糊をつけた上巻きを使って掛軸の上端に裏打ちを入れます(写真6)。

3  ←写真6 糊をつけた上巻きを使って掛軸の上端に裏打ちを入れているところ

ここから、宇陀紙の登場です。
宇陀紙にも上巻きの時と同じように、糊をつけます(写真7)。

4  ←写真7 宇陀紙に糊をつけているところ

そして、糊をつけた宇陀紙を使って上巻きの続きに裏打ちを入れます(写真8)。

5  ←写真8 宇陀紙を使って裏打ちをいれたところ

ここから掛軸の下端までは、宇陀紙を使って裏打ちを入れます(写真9、写真10)。

6  ←写真9 宇陀紙に糊をつけているところ

7  ←写真10 宇陀紙を使って裏打ちをいれたところ

裏打ちが最後の一枚のところまで来たら、裏打ちを入れる前に掛軸の下部の所定の位置に袋をセットします(写真11)。
この袋は、軸木を取り付けるために必要です(掛軸の上端にセットした袋は、八双を取り付けるために必要です)。

8  ←写真11 最後の一枚の裏打ちを入れる前に、掛軸の下部の所定の位置に袋をセットしたところ

掛軸の下部の所定の位置に袋をセットしたら、最後の裏打ちを入れます(写真12)。

9  ←写真13 最後の裏打ちを入れたところ

これで、無事に掛軸に総裏が入りました。とはいっても、このままの状態にしておくわけにはいけませんので、仮張りにかけて乾燥させます。
写真14は、総裏を入れた掛軸を仮張りにかけたところです。
総裏を入れた掛軸は、仮張りにかけた状態でしっかりと乾燥させます。

12  ←写真14 総裏を入れた掛軸を仮張りにかけたところ

最後に、忘れないように軸助けをつけておきます(写真15、写真16)。
軸助けは、掛軸の下端の袋がある部分の右端と左端に糊で付けます。

10  ←写真15 軸助けを付けたところ

11  ←写真16 軸助けを付けたところ

これで、軸助けの取り付けができました。

次回の記事では、八双と軸木を準備している様子を紹介します。

お楽しみに

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 小川温泉へ行ってきました☆後編 | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<その15.軸木と八双の作製> »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<その14.総裏>:

« 小川温泉へ行ってきました☆後編 | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<その15.軸木と八双の作製> »