« 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<その21.八双の取り付け> | トップページ | 関西学院大学文化総部書道部 学外展 »

2017年8月15日 (火)

書写山へ

こんばんは玉木覚です

先日、姫路の書写山に散歩に行ってきました
自然がたくさんあって、リフレッシュできました
この日の天候は、晴れ
最近は非常に暑い日が続いていますのでこの日もかなり暑くなることを覚悟して出かけましたが、書写山に登ってみると暑いながらも思いのほか過ごしやすい気温でした。
あまり暑くなかったのが嬉しかったです。
書写山に登るためには、徒歩とロープウェイの二つの方法があるのですが、この日はロープウェイに乗って登りました。
1  ←ロープウェイ乗り場の案内板
2  ←書写山 圓教寺の案内板
麓からロープウェイに揺られること約4分で山上駅に着きました。
駅からの見晴らしがとてもきれいでした。姫路市を一望できる感じでしょうか。
3  ←駅からの見晴らし
ここからは徒歩で山道を歩いていきます。
歩いてすぐのところに、大きな釣鐘がありました。
無事と平和を祈願して鐘を撞き、先へと歩を進めました。
4  ←見にくいですが、立札の奥に大きな釣鐘があります。
5  ←釣鐘です。
道は木々に囲まれており、緑がとても気持ち良いです。
6  ←緑がとても気持ち良いです。
しばらく歩くと門がありました。
この門を通って、さらに歩いていきます。
8  ←門
門を通ってしばらく歩くと、摩尼殿に到着しました。
摩尼殿は緑に囲まれており、とても趣のある建物でした。
この日は観光客がそれほど多くなく、ゆっくりと見て回ることができました。
10  ←圓教寺の案内
9  ←摩尼殿
摩尼殿の軒の裏側を見てみると、太い木が何本も組み合わされていました。
昔の人は機械を使わずに木を加工して、加工した木を重機を使わずに組み合わせていって建物を作ったのでしょうけれど、そこにはどれだけの時間と労力が注ぎ込まれているのでしょうか。
11  ←軒の裏側
12  ←摩尼殿からの風景
摩尼殿を後にして、さらに奥へと進んでいきます。
道中の木々と陽の光のコラボレーションが、とてもきれいでした
13  ←道中の様子
14  ←道中の様子
そして、食堂に到着しました。
ここは、有名な映画が撮影された場所らしいですね。
荘厳な雰囲気が漂っていました。
食堂の中には圓教寺にゆかりの史料が展示されており、勉強になりました。
15  ←中央が食堂
食堂からもう少し歩くと、奥の院に到着しました。
こちらも建物の中を見学しましたが、摩尼殿など他の建物と同様に彫り物が美しかったです。
16 ←奥の院
奥の院を見学した後は、圓教寺会館で昼食を頂いて下山しました。
帰りは登ってきた道とは違う道を歩いたのですが、この道も緑がとてもきれいでした。
17 ←帰りの道中
美しい風景とゆっくりとした雰囲気に癒されました。
次回は秋の紅葉の頃に訪れてみたいです。

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<その21.八双の取り付け> | トップページ | 関西学院大学文化総部書道部 学外展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書写山へ:

« 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<その21.八双の取り付け> | トップページ | 関西学院大学文化総部書道部 学外展 »