« 第46回 表装美術展(通称:表展) | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<その23.座金と鐶(かん)の取り付け> »

2017年8月30日 (水)

鳴門の渦潮

こんばんは玉木覚です

先日、徳島県に行ってきました。
徳島県と行っても淡路島を渡ってすぐなので、意外と近かったです。
さて、徳島県と言えば、おいしい海の幸、温泉、そして鳴門の渦潮です。
ということで、この日はおいしいご飯を食べて渦潮を見てきました。
渦潮は日によって見れたり見れなかったりするようですが、この日はまずまずの渦潮を見ることができました。
(食事をとった場所からは、いまいち渦潮がはっきりとわかりませんでした橋の上からは渦潮を見ることができたのに
下の写真の手前に写っている橋の柱部分の向こう側に渦潮を見ることができました。
1
ちなみに、岸から橋の柱までは数十メートルしか距離がありません。
(下の写真の左奥に橋の柱が写っています。)
潮の流れが早いため、川のように海水が流れていました。
あまりの潮の速さにびっくりしました
2
一方、岸から数メートルまでは海底が見えてとてもきれいでした。
でも、水遊びをしている人はいませんでした。
(危ないから当たり前ですね
3
そして、温泉を満喫した後は、帰り道に淡路島のパーキングで小休憩。
有名なパーキングだけあって、なかなかたくさんの人で賑わっています。
4
パーキングには観覧車があって、瀬戸内海を見渡すことができそうです。
この日は八月の中旬ということで、空には夏の雲が頑張っていました
5
残り少ない夏を、たくさん楽しみたいですね

表具師 玉木楽山堂

http://www.tamakirakuzando.com/

« 第46回 表装美術展(通称:表展) | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<その23.座金と鐶(かん)の取り付け> »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳴門の渦潮:

« 第46回 表装美術展(通称:表展) | トップページ | 表展作品のメイキング記事(一般の部 ver.)<その23.座金と鐶(かん)の取り付け> »